ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Blog での引用の原典と記事の裏づけをどう証明するのか?
 B log 14APR.2012

 

Blog での引用の原典と記事の裏づけをどう証明するのか?

 

  http://ggdx.jugem.jp/?eid=212 Blogにコメント「原典を示すのが常識だ。」との趣旨のコメントが付きましたのでこれに対して私の考えを述べておきました。

 

 Blogは、その手軽さから良く日記みたいな物と言われます。 したがって極めて私的な考え、感動、意見を述べる場合が多く、内容もやや軽く・・学会の発表文とは異なるのでその内容について証明責任を追及されることが少ないような気がします。

 

 さて、私のBlogへコメントがありお返事しました、  で引用したDXnewsでは、「外国で話題になっている。」 との件ですが、そのソースの件について原典を展示紹介はしていません。 「原典はどれか?」 私は記事の著者へ問い合わせる事は無く、自分で調べました。

 

 そこで、該当すると思われたのはW3URの「Daily DX News 」に掲載された「有名DXer逮捕される」では無いかと思います。 そこで参考のために載せておきます。

 

 また、JH1AJT 逮捕を伝える当時H-11-611の日本の新聞のcopyも掲示しておきます。


 

面白いのは・・この記事を載せた「Daily DX News 」に対して

「いい加減なことを書くな、あのDX界のSuper Stearがそんなことする分けが無いだろう・・その新聞はゴシップ専門のタブロイド版の新聞だろう!」

 

これに対してW3URが「イイヤ・ソースである朝日新聞、読売新聞と言えば、米国のNYタイムス、ワシントンポストに匹敵する新聞で、売らんが為のゴシップ新聞とは違う! 訳者も立派な実績と経験を持っている。」

 と、必死に防戦しているのです。 

 

何故ならこの時、実はJH1AJTは輝かしいDXpediの実績を元にある米国無線Clubから「DXer of The Year」に選ばれて表彰に米国南部へ向かう直前だったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー


オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
寄付機材(Rig)の末期は?
 寄付機材(Rig)の末期は?

26Jan.2012 HCMにて


 HCMからプノンペン(PNH)行くバスの席が中国正月の国民大移動の影響で確保できづ、結果3日間HCMに「強制」滞在になってしまった。


 そこで3W2LI shackの故障中の無線機を点検する、が、写真の様に並んでいる無線機なのだが、よく見たらこれらの無線機にXW2Aのシールが張ってあった。 

自分が寄付した無線機であった。 昔の話なので本人も何を寄付したかもう頭と顔が悪いので忘れていた。


 この机に並んだ無線機の中でIC731SS202を除いてはすべて自分が寄付したものだった。(この無線機の置かれている机も、QSL受け取り私書箱開設費用、QSL card1,000枚を寄付した・・)、

 私がベトナムに関わってからもうあれから20年以上の月日が流れたのである。その長い時間の経過は結果として無線機の故障を招いていた。



 572Bはプレートキャップが半田も接着剤も取れていた。


 SS201:アルミ放熱板へも錆が出ている。 回復不可能?


電源が無いので無線機の動作も確認できない。 電源は2台ともスイッチング電源である。

カバーをはずして調べたが配線がOK なら、後は電子回路のプリント基板・・でも、回路図なし、部品なしではお手上げである。


*これは現在の3W2LI/Hau氏のshackの片隅である。 ・・・見ると分かるようにタワーが部屋の中に建っている。(日本ではまず無い構造)

 実は20年前に無線機と共にタワー、ANT、ローターも寄付した、がその時はこの部屋は無く、ここは屋上だったのである。普通の考えである「屋上に建てたタワー」だったのである。

 ベトナムは人口の割りに土地が無く結果建物はVTのホテルで分かるように鉛筆形で縦に長くなる。 そして部屋が足らなくなれば必然的に4FL→5FLと上に上にと増設するのである。

 その結果がこのタワーの様に部屋をタワーが貫く・・構造になる。

Hiroo  HCM


オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
XU7AEP,XU7AEQ 
 寒い国へ帰るHam 


 寒い国から来たHam XU7AEP,XU7AEQのcallで3日QRV、二人ともそれぞれほぼ1,000 QSO 。

 今日6日 1200にホテルからTAXI (通常の倍額の$140)で空港に向かった、1900の飛行機BKK経由とのこと。

二人の、アマチュア無線らしい写真を紹介します。

彼らは次はXX9を希望しているが。「XX9のHam、通信局、ホテルからまったく返事が無い。」と嘆いていた。 返事をもらえる。。考えること事態が甘い!

 RIG,ANTもすべて揃ていて、直ぐにQRV可能なんて普通はありえません。 

でも来る前のパタヤのホテルはハイシーズンのXmasとは言え 10日間で$8,000にはビックリ!

それは、私の1年間の生活費用ではないか?




  XU7AEQ               XU7AEP







オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
XU7NPC QRV
 XU7NPC QRV 開始。




XU7NPC/JF1NPC/JA7LU 

日本発10am 同日 23oo XUshack 到着の実績を作った。

DXshack XV と同様日本から1日で到着、これで2つのDXshackは同日で即QRV可能になった。






持参のIC756を前に・・でもその後問題が発生・・


オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
カンボジアでカボチャ
 

カンボジアでカボチャ

 

12JUL.2011

 

スイカは漢字で「西瓜」と書く、日本へは当時仏教の教えと同時に西の国(天竺)から来た文明ともに植物として西から来た瓜であるので 西瓜 と命名された、と考えられる。

 同様にカンボジアから来た瓜があったが源泉地がカンボジアから来たのなのでカンボジアの瓜と呼ばれた物がだんだん短くなって・・カンボジア・・カボチャになった。

 

 原産地のカボチャはどの様なものか市場で買ってみた。大きな物だと食べ残して腐るので小型のカボチャを買った。(40円)

 そしてゆっくり煮込み、オカカ+醤油で味付け・・・今日もまた歴史を訪ねて自炊生活。

 

 

  食べ残さない為に小ぶりなカボチャ・を買った。





出来上がればご飯べトナムコシヒカリに辛子めんたいこを塗す。







 

 

昨日は御昼(インディカ米)だけ買い[30]、カレーチャハン Setにした。

 

オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
SHV道端市場と食材
 

 

SHV道端市場と食材

 

10JUL.2011

 

DXshack XU/SHVが人気があるのが100mも歩かないところに外人向けのレストラン、Bar、雑貨屋、インターネット、バスチケット販売店等があるからです。

ZL1DDがバイクタクシーを拾ったのもこの角です。

私は「悪魔の外人三角地帯」と呼んでいますが・・

 

 その3角に毎朝・道路上に野菜を並べただけの市が出ます。

先日紹介した、自炊生活には欠かせない・・食材仕入れ場所です。 以下写真で紹介します。 まージャガイモ、玉葱、卵・・等おおよそ110-20円と考えて下さい。

 


サトイモ?タロイモ?

 





おおおお・筍・・うすく茹でて・スライス 刺身に・・



 

 

SHV漁港でもある、今朝の海の幸。

大きめのアジを1匹買った。40円 

「たたき」にしてわさび醤油で Beer!・ウフッフ

 

 

 


肉と同時に豆腐を売っている。 隣は日本で禁止に成る予定の生レバー

 

 

これは御菓子。 110円。

 

 生物が腐らない様に小型のIce BOX利用することにした。

氷(飲むと・・XU7DDDに成るかも):氷は1kg25円。

          Genさん、アドバイス・ありがとう。

オイラDXshackで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
自炊生活開始ー2 冷蔵庫無し
 

自炊作戦 南国の特徴

07JUL.2011

 

  前回自炊生活開始の報告をした。

 

 私は煮豆は大好きで、子供の時見ていた母の料理をまねて煮物は得意である。 ベトナムコシヒカリと併せると美味しかったので2回目の煮豆は少し多めに煮た・・だが、これが失敗のもと。

カンボジアは南国であり、高温多湿・は当然である・・結果直ぐに食べ物は発酵し始める。

基本的にはここは無線小屋の機能優先で部屋には冷蔵庫が無い、その部屋で3日寝かせた煮豆の結果を写真でご覧下さい。

 

 

 Mame NG

 

 

アジアで水に当たる人の話は良く聞くが、自炊で当たった人はあまりいないだろう。

んん・・この現実を見えると・やはりアジアは屋台で100円で済ます方が安全で結果安い事に成るのかな? 「若き餓えてるの悩み」

 

 

 

横に写っているのは6-7cmの小さいので猿が食べると言われる、続称モンキーバナナである。 これは逆に高温多湿のもたらす南国の恵みである。 サイズが小さくて日本では商品に成ら無いので普通日本では見かけないと思う・20本ほどで一房40円なので1本わずか2円ほどである。

思い出せば子供の時バナナなんか食べた思い出が無い、我が家庭ではでは買えなかった高級果物だったと思う。 あの伝説の「バナナのたたき売りでも手が届かなかった値段である。」 確か病気の時しか食べられなかったバナナ・・それを思うといくら原産国とは言え嘘の様な値段である。

このモンキーバナナ・一口サイズなのでCaféと良く似合う。

手前は中国製品のザーサイ 150円。 朝の漬物として食べている。

 

 

オイラDXshackで考えた。 comments(2) trackbacks(0)
長期滞在食事作戦。
DXshack長期滞在の自炊作戦。

01JUL.2011  XU7DDDを見送り、次にZL1DDのGHを訪ねた。

 彼のGH で一泊して($8) 翌日PNHで最大のデパートへ眼鏡と食器と食材を買いに行った。そうSHV shackに引きこもる為の自炊開始の工具調達である。 (この近代的なデパートは数年前に開店したが、その時カンボジア初めてのエスカレーターが導入され、慣れていないので階段で転倒する人が続出してエスカレターの乗り方を指導する誘導員が配置される騒ぎになり、それがNHK −TV Newsでも紹介された。)  長期引きこもりの安価な食事対策として、電熱器、フライパン、鍋x2、まな板、包丁などの基本食器、皿、ドンブリ、スプーン等基本台所用品を購入した。 さらにベトナム製のコシヒカリ2kg $4.8で売っていたので購入した。  

SHVへの帰りも定番のバスであったが今回は1345分発で1830分に到着と比較的スムースに移動できた。

01JUL.2011 自炊開始。  

そして朝は早速ベトナム・コシヒカリを炊いた。それにわさびシャケふりかけをまぶした。 昨夜水に冷やかしておいた金時豆をゆっくり煮にてこれが今朝のメインのおかず。 後はJA2VWG御土産のインスタントみそ汁、昨日デパートで買った中国製のザーサイの漬物(140円)が今日の朝食である。 


最近PNHのデパート、またSHV の外人向けのスーパーでも日本食品がかなり売られているように成ったが、当然値段は日本より30-40%は高い、でも、よく考えると総合価格は自分で作るより地元の朝飯を100円前後の食堂で食べる方が安い・・材料をバライティーにしようとすると冷蔵庫が無い状態では買い込む分どうしても無駄になってしまう。  100円前後の安い食事の効率的利用・その典型的例はタイである。 朝食も昼も街かどの屋台にて100-200円で食べられる。また労働者向けの安いアパートは火事を恐れて台所がもともと設置されていない構造である。    

調理器具。 朝食 ベトナム.コシヒカリ+わさびふりかけ、ラッキョウ、味噌汁、金時豆、ザーサイ、 昼食 カレー(ハウス・ジャワカレー)  

 

材料 牛肉、ジャガイモ2個、玉葱、人参 野菜+肉 材料これ全部で110円。


完成品の昼食 カレーライス。

オイラDXshackで考えた。 comments(2) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
SPONSORED LINK