ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アマチュア無線免許制度の無い国の免許料金。
  アマチュア無線免許制度の無い国の免許料金。

XUの免許について書かれている、JA3AVO さんのBlog から・・

http://ja3avo.blog81.fc2.com/blog-entry-2281.html


 これを読んで思い出した、カンボジア/XU のアマ無線免許について・・述べてみます。 それは「規則が明確ではない国の免許が高いか安いか? 処理が適当かどうか??を判断するのは非常に難しい。」 と私は勉強した、との記憶があるからです。


 彼のBlog で報告されている・話題のXUMPTC/電波監理局の免許担当のMr.S氏は2代目ではなく多分3代目です。 

 ここで多分というのは・・ご承知様にカンボジアの近年の歴史は植民地、王政、革命、内戦、国連UNTAC 、選挙後の新たな国家・・という国家の主人公が革命で変わるという歴史を重ねているからです。


  そんな背景のある国カンボジア/XUから運用したいと思うアマチュア無線家にとって最も基本となるのは、「誰がその政府の代表者であり、そしてアマ無線を許していて、かつ料金が規則で設定されているか?」等の日本では確認する事などあり得ない 最も基礎の問題からはじめなければ成りません。 (私自身は国家の名称が異なる3枚のカンボジアのアマ無線局の免許状を持っています。それがカンボジアの歴史を明確に物語っています。)


 1980年時代のカンボジアは内戦状態(内戦とはどういう常態か?の法的定義もまた別な問題として存在する。)当時のカンボジアは国民虐殺でその名を世界へ轟かせたポルポト派とヘン・サムリン政権との間で戦争をしていました。


ポルポト政権に関してわかりやすい解説はこれ:

ポルポト政権が何故国民大虐殺を行ったかの説明はこれ:


ヘンサムリン政権の解説:


  こんな時代背景ですから、国家が承認する免許と思われる正当なアマ無線免許は、その第一歩である「免許する正当性のある国家とは一体誰のことを言うのか?」 の基本的認識は極めて大きな問題になります。 (昔は台湾の入国印があると本土の中国(北京政府)には、敵対する台湾政府の味方の一員とみなされて入国拒否でした。)


 この事から、今、話題の尖閣列島とか竹島がDXCCNEWになり、その島からアマ無線を運用したい、となった時は「一体どこの政府の免許が有効か?」と考えれば直ぐにこれは運用の基本的問題と成るのはお分かりでしょう。   


 1980年当時はアジアで大活躍のJA1UT/林氏がモービルハム・MHJA1FUY編集長」の雑誌の表紙、グラビアを飾っていました。

ポルポト政権No2のイエン・サリとのJA1UT OM の謁見写真もMHにカラーで掲載されていますね。 (イエン・サリとポル・ポトは義兄弟です。)

  JA1UT団長が「XU1DK 等キャンプ場所に援助とアマ無線局を!」にと寄付を集めていた時代があります。 JAを代表するJH1KRCJA8RUZ OMもこの計画に参加大応援をされていた時代です。



 私はマカオ/XX9でカンボジアのアマ無線局XU8DXopMs.Sokun と、交信 したのをきっかかにJA1NUT局の紹介もあり、当時のPNH(プノンペン)政府(タイの日本大使館ではそう呼んでいた。)当時のMPTC(郵政省)のMs Sokunを訪ねてタイ、ベトナム経由でPNHへ行きました。(当時は西側諸国から制裁が有ったので直行便は無かった)

 当時のタイとの国境の森に居たポル・ポト派から見れば敵対する戦争当事者はヘン・サムリン政権(プノンペン政府)で国土の90%を支配していたのでした。 結果、私の最初のカンボジア/XUからの運用許可はPNHを支配していたヘン.サムリン政権からもらった事になります。 


 当時の運用場所はPNH市、その名前の由来になった「プノンペン婦人の丘」の横にある中央郵便局・の建物の郵政省技術室?  そこは、各種機器の修理を行なっていた部屋でした。 (今も免許を発行する事務所の部屋です。 話題のMr.Sのいる部屋です。)

 そこにはHA8グループが残していったYaesu の無線機があり、Sokun はその機器で運用していました。 


 日本で言えば電波監理局の部屋でアマチュア無線を運用する事になりました、結果的に電監の1室ですから当局の24時間監視ですから監視する方には最高の設定ですね。 

 物が無い、買えない戦争中の最貧国の政府では、盗難防止として工具のドライバーも鍵付きの引き出しから取りして使用する状況でした。

 この部屋全体の部屋の鍵は彼らが持っており、運用を希望すれば彼らに開けてもらうしか無いので、早朝、深夜のDX timeでの運用は運転手の手配と共に自分の思うように成りませんでした。

 (XU8DXはハンガリの局がHA8だったので、それを記念してXU8とした・・首都のPNH市のコールサインはXU8・・XXXと決まっている訳ではありません。)

 

  1992年当時のプノンペンの中心地の交差点には警官が監視している。

  バイクも少なく、まだ自転車、シクロが交通手段の中心。

 

      郵政省職員のSokun 後ろのに見える橋は爆撃で途中でちぎれて無い。

    最初の建設も戦争後後の修理も日本の寄付なので地元では「日本橋」と呼ばれている。


 

  24h監視の基で運用する私と監視員Sokun

  当時の機器はHA8 の局の寄付のYaesu

 

 

 この戦争中の観光VISA等無い時代のカンボジア時代の訪問、免許交渉、そして運用レポートは: hpに載せています。

http://dxshack.net/Wander-tour/ASIA-XU-1-No0-8.html

 

      この戦争時代は日本でも大東亜戦争時代がそうであったように、戦争中の国家がたかが遊びのアマチュア無線を許すと言う考えがありませんから申請用紙、免許料金等も当然存在しません。

 日本でもそうである様に公務員の嫌いな「許可した前例が無いけど私の全責任で君へ許可しよう。」なんて無い時代です。

 今でもカンボジアも免許申請、審査、許可のステップと時間と料金が公報などで公表されていませんので他国との正式比較が容易ではありません。

 今話題になっている、カンボジアのアマ無線の、免許処理が遅いのか? 料金が高いのか? ですが、でも、それは何と比較するのか? 対象が無いと判断ができません。 

 


  そこで昔のカンボジアでの交渉、免許制度、免許料金などはどうであったのか触れてみ たいと思いまそこで、申請書・・それらしき物を自作して直接提出しました。 ですから申請して待たされる・・問い合わせに対して返事が無いということもありませんでし   

  た。

 

      最初は口頭許可を得て24h監視のもとで運用はしましたが、無線機など持ち歩くとスパイの疑いで直ぐに「別室にどうぞ・・」という時代・・・何か紙の証明書が欲しい、と思い、Sokunの同僚に頼んで自作でフォームを作りその許可書をタイプしてもらいそこへ署名をもらいました、そのタイプの御礼に$20を払った記憶があります。 ですから、それが免許料金と言えば免許料金の実費です。 しかし、その時の国家公務員であるSokun の月給が$6ですから・・高いといえば高い?

  この後、電波監理部門の責任者が決まります、その初代の免許担当者の下で働いていたのがMr.Lですが彼は2代目、そして交代・故に現在のMr.Sは三代目と思われます。

初代は担当者はシハヌークビルの海を見下ろす海岸無線局XUKの局長として活躍しました。

 


・私の経験から:           

             ・戦争中、共産主義国家での正式な担当者や歴代担当者一覧表・・等の連絡先、電話番号などの書類を手に入れることは外国人には不可能です。 

             これは当時アマ無線に扉が開かれていない国、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーで経験しました、担当役所と、担当者の名前を探し出すだけで・・

「国家機密漏洩罪」「同そそのかし」に抵触したとの理由で公安に引っ張られる恐れがあるからです。・・・

このような国では高級官僚は・・常に暗殺の危険性があるから・・簡単には誰で、どこに住んでいるか? 分からないように成っています。

・・・この辺りの背景は平和ボケと言われる日本とは全く異なります。


先ほど述べた様にヘン・サムリン政権はポル・ポトの後に出来た政府ですから・JA1UT とその仲間たちはずっと以前からポル・ポト政府側からカンボジアの免許を受けたと思われます。 

カンボジアの正当政府を自負する彼らの発行する免許は日本的に言えば当然「カンボジア全土」で有効になるでしょう。  

でも、当時ポルポト派実効支配はタイの国境沿いの山岳地で国土の10%と言われていましたが、もし免許は「カンボジア全土で有効」なら、彼らの主張する国土であるPNH市でも当然ポルポト側の免許でも運用できた事でしょう。 

この様に一つの運用場所(国)に対して2つの政府が免許を発行された事になります・・(今の韓国、北朝鮮も長い間DXCCでは1つだった。) 

DXCCはXUのこの2つの政府の正当性について明確な処理規定を公表していません。 これが私がDXCCは規則でバッチリ決める米国らしからぬ紳士Clubではないと思う理由です。

これは正に尖閣、竹島からの運用はどこの政府の免許が正しいのか? との疑問を発生させる構造は同じでは無いかと私は思うのです。


米塚 廣雄

ex:XU0CW,XU2AXU7ABFXU7AAR、XU7ADX,XU7AAT,XUXOXU7AAA,XU7SSB

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

再塗装した、フランス風な中央郵便局。 左側のアーチ型のMPTC・電波管理局の門。 写真は2011年。 建物の30mほどの裏側にプノンペン(ペン婦人の丘がある。)

オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
4つ子の見分け方・・・中国では
 Blog 2012-09-08

4つ子の見分け方・・・中国では


 私の子供も一卵性双生児・・ 小さい時は毎日抱いていない父親は母親の様に一瞬では兄弟の区別ができませんでした。

 話題の中国の4つ子、 学校入学年齢になり混乱が生じる事態となり・・以下の解決策を発表!!





米塚 廣雄
オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
LDCの子供の遊び。
 Blog 2012-06-25

LDCの子供の遊び。



 LDCの事を色々述べてきましたが、今日は我が家の子供の遊びを紹介しましょう。

 これは、私の出身である静岡県浜松市(浜北区)では シカケン(メンコ)と言いました。そうです良く「QSL集め=メンコ集め」と言われるアレです。

 絵柄は時代を反映して、ウルトラマン・ゴレンジャーとかが多いです。




 ルールが私の日本の思い出と異なるのは、ラオスではこれを何枚か積み重ね手で床を 叩いて起こした風でメンコをひっくり返して、うまく返した方が勝利してその1枚を相手から巻き上げることができます。


 勿論、そのメンコの多さは勝利の証・ベッドの下の「宝物箱」ビー玉等と共に溜め込みます。



Hiroo

オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
LDCの水牛と少年
 Blog 20120-06-13

LDCの水牛と少年

写真をご覧下さい。 昨日子供を学校へ送り、帰ってきたら我が家の庭を横切って水牛が・水田へ・その子供の水牛を追う人間の子供・・・・ちょっと見ると いかにもASIAの風景・・




 でも、以前ラオスへ来た母(現在97歳)は気がつきました。

「こんな時間に牛追いなんてあの子は学校に行っていないんだね・・おまけに裸足だ・・」

母はまさに「オシン」の時代に秋田で生まれました、父はも同じく秋田市の貧困家庭で生まれました、家は貧しく両親は学校へ行ったことがありませんので、文字が読めません、書けません。

 「あ〜ここラオスは40−50年前の日本だね・・」  人生を振り返り自らの体験として感じたのでしょう。


 旅行者、カメラマンには 「水田の水牛と少年」・・いかにも・・

でも、LDCの現実は学校に行かない・・では無くて、行けないのです。


ーーーー


オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
日本、貧困国への転落
 Blog 2012-06-10

日本、貧困国への転落


子どもの貧困率、日本ワースト9位 先進35カ国中で

http://www.asahi.com/national/update/0609/TKY201206090128.html 



こんな記事を読まれた方がいると思います。


 国連指定のLDCLDC1970年代以前は、後進国Backwards Country[1]未開発国 (Undeveloped Country)などと呼ばれていたが、1980年代頃から開発途上国、もしくは発展途上国という呼び方が一般的になった(呼び方の変更に伴い、低開発国という呼び方も日本では使用されなくなったが、"Less Developed Countries"は現在も国際連合ばかりでなく日本の外務省でも英語のままで使用されている。とりわけ、後発開発途上国を区別する文脈の中で"Least among Less Developed Countries"として用いられる)。 



 そのLDC/貧乏国ラオスに生活していて、こんな記事を読むと、数年後にはサミットにも入れてもらえない今より貧乏国になる事が経済研究所の報告で指摘されている、日本、その頃にはセシウムの被害がさらに具体化するのではと、私には悪夢の連鎖が生まれます。


 豊かな国だった日本から来たNGOの人の報告を紹介します。(TOLより)

 この本に出ているJICA/NGO 等「外部から人が入ってくることになって、自分たちが貧しいことを初めて知った。」

 

 これを読んで私には思い当たる事があります。

私は小学5年生?の時、部落で一番遅くTVを買ってやっと「とんま天狗」を家で見られることに成りました。 でも、それは自分の家がTVも買う順番からして、部落で一番貧乏なのだとの現実をイヤというほど知ることでした。その時の父の職業は日雇人夫(所謂土方)でした。



オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
原子力発電利益安定確保委員会
  Blog 2012-05-27

スカイツリーはどこまで見えるか?

 今話題のスカイツリーについて地図付でこんな記事がでていました。




 私が記事の中で興味を持ったのは[スカイツリーは110m/s」に耐えられるように設計されている。 と公表していることです。
そしてその風速は1,000-2,000年に一度・・・とか、

 原発事故で多発された「想定外」原発設置の時、この想定基準は発表されたのでしょうか?


「今回建設予定の姥捨山湾原発は、400年に一度の津波29mには耐えらる設計ですが、1,000に一度の津波(44m)には破壊するかもしれません。

 そこで44m以上の津波に耐えられる設計ですと、費用はこのくらい上がり、結果電気会社は皆さんお負担で経営していますので比例して電気料金はこの位 43%程上がります。

当社利益の中心は70%は家庭料金から徴収していますので(工場は安いので利益率は低い。) 当然、皆様の要望に答えれば家庭の負担がおおきくなります。

どちらが良いですか?」

以上説明をおわります。

福島原発 No-4 2012-05-26


原子力発電利益安定確保委員会



オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
最も安い日本食。
Blog 15May2012.

最も安い日本食。


 5−15日の読売新聞のNewsである。


  • 携帯に送る
  • ヘルプ

 ゼンショーホールディングスは、傘下の牛丼チェーン「すき家」で15日午前5時から、税込み200円の朝食セット「たまごかけごはん朝食」を発売する。

 同社の朝食メニューでは最安値となる。ごはんとみそ汁、しらすおろし、生卵のセットで、専用のしょうゆがつく。ごはんの量が「並」「大盛」とも200円で、「ミニ」は180円。販売は午前5時〜10時30分。

 牛丼各社で最も安い朝食メニューは、吉野家ホールディングスが「納豆定食」(ごはん、みそ汁、納豆、生卵など)、松屋フーズが「定番朝定食」(ごはん、みそ汁、生卵、小鉢など)でともに350円。朝食も価格戦争が激化しそうだ。

(2012年5月15日07時22分  読売新聞)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 思い出すのは二十歳代の頃、世界1週を夢見ていた時代・・
当時W大学の人がやっていた「世界ケチケチ旅行研究会」というのに入会していた。その中で「最も安い日本食」というのは「卵掛けご飯」と出ていた。
 確かに卵は物価の優等生! ラオスでも1個8円位である。 世界的なスシブームのおかげで醤油も手に入る。ご飯だが通常アジアではインディカ米といわれるポロポロ飯である・・が最近タイ、ベトナムで栽培されたジャポニカ飯がここラオスでも外人向けスーパーで売られるようになった。
写真の米はタイ産の「しまんと」という日本米で5kg 800円である。
これで、2-3円の韓国産の味のりを+すれば、安くて美味しい日本食である。
 しかし、280円の牛丼と言い・・あの美食の日本人の人気だった伊太利亜飯とかグルメブームはどこへ行ったのか?  
こんな朝食で 元気に日本経済を再建できるのか?
労働者諸君 グワンバッテ! GDP 上げて、サミットメンバーに留まって、これ以上年金を減らさないでくれ〜!!
:::::::::::::
オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
猫ひろし五輪出場できず。・・国籍、住民票
 Blog 09may2012


猫ひろし五輪出場できず。

4-16日のBlogで取り上げた猫ひろしさんの結果は以下の5/9日・朝日新聞の報道があった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お笑いタレントで、昨年10月にカンボジア国籍を取得した猫ひろしさん(34)=本名・滝崎邦明=のロンドン五輪男子マラソン出場について、国際陸上競技連盟(IAAF)は8日、資格を認めないとカンボジア陸連に通達したことを明らかにした。猫さんがカンボジア代表として国際大会に出場できるのは、国籍取得後1年を経過する今年10月18日以降で、ロンドン五輪には出場できなくなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この報道でHam として思い出すことは、コールサインの取得資格である。
私がカリブ海で憧れたコールサインはVP2EZDである。

おじさんにはJ6,J7,J8はカリブ海のコールサインでは無いのである。
そして特に自分のサフィックスのが同じのVP2EZDが欲しかった。

 このVP2EZDとのコールサインが取得できる島は英国連邦のアンギラ島のみである。
この島の外人の一時的な運用のコールサインはVP2/JA2EZDであり私も数度これを使った、そこでVP2Eのデンカン(Radio Anguillaと言う放送局が事務所)の担当官へ「VP2EZDのコールサインを貰うのにはどうすれば良いのか?」と聞いたが・・ご他聞に漏れず・・細かな規則は無い。
 彼は、しばらく考えたあげく「VP2Exxはレジデンスに発行している。」
「では、レジデンスの規定は?」

  では、カリブの島へ日本から住民票を移す・・そんな規定があるわけが無い、「まー3ヶ月位住めば・・そして商工会議者の推薦状を貰えば・・」との話になったので、このカリブで一番小さいカリブの島(縦17km、幅1.7km 当時人口8,800人)に目的の為に、条件を満たす為に3ヶ月住むことにしたのである。
 今では日本でも他人のshackで1Kw 免許OK だが、昔はJA1に居ながら沖縄のJR6 の1Kw許可のコールサインを取得することは大変だった。

そのことから考えれば、猫さんも目的のためなら。今回ダメならばロンドンの次の五輪を目指せば良いのである。
 
 それにしても国籍取得1年以内で五輪は出れないとの規定は世界規定としては一般的である。 そんなことで引っかかるなんて彼は事前調査と準備が足らなかったのでは無いか・と私は感じた。

 Ham の世界では、タイの免許は国籍条項があるので、普通の日本国籍の者には許可が下りない、しかし「妻がタイ人で今後タイに住む」「政府から派遣された・・」など色々な理由で許可を得た人は居る。 それを思えば猫さんは勉強と努力が足らないと思う。


 VP2EZD取得の為に借りた家。 
  ANTと碧のカリブ海が家の白さと対照的。



 当時のshack。 TS440+ML2500。
 壁にはアンギラのポスターと地図が・・・
 
 今改めてみると・我ながら懐かしい若さ溢れる?  
  夢が叶った喜びの時代の写真だ。
 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
芸術家とVTEで再会。
 Blog 02 May2012

再会


4-22日のBlogに載せた、PNH(プノンペン)で会った芸術家(石の彫刻家)鵜木氏と再会できた。


彼が「話が面白い特異の体験の印象的な人・・」と私を感じた様でカンボジアのPNHから5-01日ビエンチャンまで私を訪ねてきてくれたのだ。

 彼と、メコン河近くの店で大河に落ちる夕日を眺めながら・・岡本太郎の芸術、生き方をどう理解すれば良いのか、等・・長話し..

その中で、驚いたことは彼はスペインのカナリー諸島(EA8)が一番気に入った場所、そこにしばらく住んでいた、奥様はそこのこの島の日本領事館に勤めて居た人と結婚した。

その奥様を6年前に亡くされた。 そして分かった事は、当たり前の空気の様な存在だったが、亡くして初めて気がつかされた・・その喪失感に負けて酒に救いを求めた日々が有った。

今は少し前向きになり・妻と一緒に旅に出ようと位牌と一緒の旅をしている。 

と、サイドポーチに黒に金文字の小さな位牌が覗いていた。

・・・・んんん、何か身につまされる話・・

 妻が無くなって・・その後、婚姻関係に無い女性と数カ国の海外旅行に一緒に出かける人生の先輩も居る・・確かに恋愛は自由だ! 女性に対して、人それぞれの価値観が違いが有るのは当たり前だが・・

 歌の文句ではないが・・人生、色々でいろんな場所で色々な事が起こるのだな・・(だから旅する人生は楽しいのだけど・・)


 そして彼は朝のバスで古都ルアンプラバーン 7時間の旅の乗客となった。

Hiroo


*カナリー諸島とは、日本でも有名な鳥「カナリア」の原産地である。


野菜の「かぼちゃ」が地名である「カンボジア」から来たのと同様に地名がそのまま品物の固有名詞になってしまった例である。

*ベトナムで驚くのは「HONDA」とはオートバイの一般名詞である。

ゆえに「ススキのHONDAはヤマハのHONDAより、加速感が良い。」 なんて会話がベトナムでは100%成り立つ。

 また、ド田舎のあぜ道で 2坪位の店に「HONDAの看板」 こんなとこで販売店があるの? と訪ねると・・そこは単なるパンク修理屋,,,「人の不幸は私の幸せ・」とばかりハンモックで客が来るまで昼寝のASIA標準客待ち準備体制だった。





オイラ アジアで考えた。 comments(1) trackbacks(0)
XU1Aの運用に関しての質問に答えて。

 

 先の質問、4-17日の私のBlogXU1Aの関連に付いて

 

幾つかの質問が有りましたのでまとめてお答えておきます。

 

1.        COPY引用した記事はDX loversに有名な「59」からです。でもこれは日本の友人から「59でこんなカンボジアの局の件が出ているが、貴方は知っているか?」と59の1ページのコピー1枚を送ってくれました。 だが、表紙は同封されて無く記事だけだったのですが,下段欄外に日時の記載が無いので正確な日時が不明です。

2.        私のBlogjpgしかupできないので、Blog 掲載の為copyjpgへ変換すると、どうしても不鮮明に成ります。

3.        原本入手は59へ「読者サービス」として依頼してみてください。(ついでに編集長が自らJH1AJT 逮捕時に59巻頭言へ書いた「どうしたAJT」の叱咤激励文のコピーも貰うとYDXC同士の相互扶助の関連が分かると思います。

4.       59のこのXU1Aの記事を読んで、私がオヤ? と思ったのはtopの写真の解説の「・・通信連絡をサポートする・・」の部分です。 この通信の目的はまさしく業務連絡であり、アマチュア無線通信の目的外では無いのではないか? との疑問です。

 

5.        これは、2」のJA-CQの別冊「ハムエッグ」との入門者への解説書のC]「マラソン競技における進行連絡等の通信」はできない。と出ています。


その後、JH1AJTは替え玉受験で逮捕され懲役2年の判決を受け同時に2アマの資格は抹消されますが、電話級の資格は保持していました、(ですから電話級で開局したJH1AJT 局は廃局されていないので再開局ではない、免許を持続していた局である。)    故に初心者向けに出されたこの解説書の内容程度は「ハムの常識」であり「10mで全カントリー交信」とDX meetingで豪語した彼がこんな電話級でも理解する基本的な事を知らないはずが無いと推測したの私の推測に無理は無いと思います。

6.        しかし、日本とは当然の事ながら法論理が異なる外国XUでのこと、もしかしたら「業務通信もアマチュア無線もどちらでも通信で可能な免許が存在して、その免許をXU1Aへ発行した。」との、可能性は否定できませんので確認の為にXU-MPTCへ問い合わせをしました、その答えが3」以下です。


 

7.        もちろん当人であるJH1AJT,JF1ISTへも同様な質問を送付しましたが、数年たった今も返事はありません。

8.        XU1APNHMPTC本庁へ提出された申請書では無くアンコールワット(マラソンの開催地)でシュムリアップの役所へ提出され処理された。との事でしたので本庁の保管場所に申請書の原文はありませんでした。 

9.        またコール・サインもはやXU1Aは発行されなく。すでに変更された。 との文の意味は、「この時代XU-MPTCITU からロシアのアドバイサーが派遣されて来て電波官吏業務を指導した。そのとき今までに発行されたアマチュア無線のコール・サインはすべてご破算にしてXU7AAA―XU7ZZZで発行すれば良い。」との指導があった。 とのLimさんから説明がありました。 

10.    その変更に伴い、私のXU2AXU7ABFへ、XUX0XU7AAR7L1MFS2重発行)へ強制変更になりました。

11.    だが、その後XU7AAAが廃局したので、空きになったXU7AAAを希望する旨申請して取得しました。 従ってこのコール・サインXU7AAAの最初の免許人は私ではありません。  

12.    このような事から推測できることは、XU では継続して免許を保持せずに、1日でも免許を切らすと、(江川の1日)を狙っている人に貴方の使っていたカッコヨイ!コール・サインそれを狙っていた他人へ1日で行ってしまう事が予想されます。 このことは私が自ら体験で理解しました。Hihi 

もし貴方が好きなコールがあり、確実にそれを維持したいのであれば毎年金を払ってそのコール・サイン確保してください。 それがXUでの無線の遊びの代金です。 

13.    近年、JAでもいくつかのエリアが「再割り当て制度」になりました。 昔みたいに自分のコールは自分の物・永久に金を払わずに使える・・・そんな古きよき時代は無くなりましたね。 まー その意味ではJA-XU も同じですね。 hihi

 

 

―――――――――――――

オイラ アジアで考えた。 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
SPONSORED LINK